三井糖が小動き、「食料関連の一角として注目」とも

 三井製糖<2109.T>が小動き。2月13日に昨年来高値323円を示現して以降は上値の重い展開となっているものの、「食料関連の一角として注目する向きがある」(市場関係者)という。製糖国内最大手であることから、「TPP(環太平洋連携協定)に絡む材料を内包しているのでは」(同)との見方があるものの思惑の域は出ない。一方で、時価はPER9倍台、PBR0.7倍台と割安であり、買い安心感は指摘できそう。

三井製糖の株価は13時11分現在308円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)