化工機が大幅続伸、農業関連の一角として注目高まる

 三菱化工機<6331.T>が大幅続伸し昨年来高値を更新した。政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する方針を固めたことを受けて農業関連株が軒並み高となっているが、同社も農業集落排水施設などを手掛けていることから、関連銘柄の一角として関心を集めているもよう。また、25日引け後に東芝がフィンランドの原子力発電新設計画に関する契約の交渉を開始したと発表しており、原発関連の側面からも注目度が高まっている。

化工機の株価は13時17分現在172円(△9円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)