東洋紡がしっかり、5日線下値にジリ高展開

 東洋紡<3101.T>が軟調地合いの中でしっかり。液晶ディスプレーの画質向上を実現するフィルムを4月から量産するとの報道で株価は急騰、2月5日に昨年来高値208円を示現した経緯がある。以降は調整場面となっていたが、ここ5日線を下値にジリ高展開に変化してきた。「低位材料株に人気の矛先が向かっていることから、2月5日高値に向けて仕切り直しを期待する動きが出ているのでは」(中堅証券)という。一方、信用買い残が3171万7000株と高水準であり、戻り売り圧力も強烈なことから、まずは出来高増勢などの確認を待ちたいところ。

東洋紡の株価は13時18分現在167円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)