ワコムが大幅続伸、野村が投資判断を「ニュートラル」から「バイ」へ引き上げ

 ワコム<6727.T>が大幅続伸。野村証券が25日付で投資判断を「ニュートラル」から「バイ」とし、目標株価を30万円から42万円に引き上げたことが観測されている。同社のペン・センサーシステムを採用と推定される「ギャラクシー・ノート8.0」の発表を受けて、同社のコンポーネント事業の売上高予想を中心に、業績予想を上方修正している。1月30日付けで発表された韓国サムスンとの資本業務提携により取得した54億円は同社との製品開発や運転資金への使途が中心となり、今回の採用はその第1弾とみており、今後もスマホ分野での「ギャラクシー2」や同後継・派生機での展開、また、タブレットPC分野では、新型「ギャラクシー・ノート8.0」の離陸などで大きく増益基調が見込めると予想している。

ワコムの株価は13時27分現在33万3500円(△2万3500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)