ネオスが反発、ドコモの新動画圧縮方式開発支援で関心

 ネオス<3627.T>が反発。25日にNTTドコモ<9437.T>が開発した、新動画圧縮方式「HEVC」で圧縮された動画を、モバイル機器で復号するソフトウェアのAndroid環境での動作検証・開発を支援したと発表。国際標準規格の「HEVC」は、映像機器やモバイル機器などで幅広く利用されている「MPEG―4AVC」方式の次世代規格で、帯域の狭いモバイルネットワークでの再生でも、高画質の動画を滑らかに再生することが可能になる。スマートフォンの高機能化が進展する中で「HEVC」の利用が今後進みそうで、今回の開発支援でNTTドコモからの更なる受注増が期待されよう。

ネオスの株価は14時06分現在5万6800円(△700円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)