協同飼が大幅続伸、農業関連物色の広がりで短期資金が流入

協同飼料<2052.T>が大幅続伸。株価は前日比33円高の143円まで急伸し、昨年来高値を更新している。政府・与党はTPP交渉参加に向けた調整の本格化で農業支援策を検討していることから、農業関連株が幅広く物色されている。豚用飼料でトップの同社にもその恩恵が波及するとの思惑が急浮上しており、株価低位の手掛けやすさも手伝い、短期資金が流入している。

協同飼の株価は14時25分現在140円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)