大阪ガスが底堅い、関電、丸紅とアラブ首長国連邦発電・造水事業の入札に共同参加へ

 大阪ガス<9532.T>が底堅い。26日付の日本経済新聞が「関西電力と大阪ガス、丸紅の3社連合は3月にも実施されるアラブ首長国連邦アブダビの発電・造水事業の入札に共同で参加する方針を固めた」と報じたことが好感されている。エネルギー供給でライバル関係にある両社が海外の発電事業で手を組む初のケースになると伝えており、今後のアライアンス発展が期待された。25日付でみずほ証券が電力事業の収益貢献などを踏まえ、来14年3月期以降の業績予想を上方修正、投資判断「買い」を据え置き、目標株価を390円を420円に引き上げたことも買い安心感を誘った。

大阪ガスの株価は14時12分現在362円(△▼0円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)