【買い】富士古河E&C<1775>復興需要を背景に今期最高益を予想=フェアトレード西村剛

復興工事や省エネ関連の事業が好調
■注目銘柄
1775 富士古河E&C(買い)

■注目理由
同社は、富士電機グループの設備工事会社。電気・空調・建築・建築付帯設備の工事を行っている。同社は、東日本大震災の復興工事よって、建築・建築付帯設備の事業が好調に推移している。同社と3月相場の相性を見てみると、勝率は84.6%、平均損益も6.24%となった。勝率も高く、1トレードあたりの平均損益もプラスであるため、3月相場は上昇しやすい傾向があると言えるだろう。是非3月は、富士古河E&Cに注目したい。

同社を2月末付近で買い、3月末に売却したときの成績は以下の通りです。
【検証結果】
 勝率: 84.62 %
平均損益(率): 6.24 %
平均利益(率): 8.90 %
平均損失(率): -8.37 %