ガンホーが切り返す、PERに割高感なく押し目買い

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>が反発。一時5万円超の上げで270万円台に切り返している。同社成長の代名詞ともなったスマートフォン向け大ヒットアプリ「パズル&ドラゴンズ」が、株価の強力な上昇エンジンともなっているが、同アプリの人気減速後の収益牽引役がはっきりしないことで、株価は直近は利益確定売りに押され気味だった。ただ、同社が擁するアプリ開発力を評価する声は強く、「個別のゲームへの評価にとどまらない成長余地に着眼した買い」(中堅証券調査部)が、押し目買い意欲に反映されている。高値警戒感が伴う上げ足ながら、市場コンセンサスはPERが15倍近辺と割高感に乏しいこと、3月末の株主を対象に1株を10株にする株式分割を発表していることなどが買いの根拠となっている。

ガンホーの株価は10時02分現在266万5000円(△3万8000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)