愛三工が反発、13年3月期連結経常利益の上方修正を好感

愛三工業<7283.T>が反発。26日引け後に13年3月期連結業績の修正と配当予定の引き下げを発表。売上高は前回予想の1650億円から1700億円(前期比13.4%増)に、経常利益は70億円から82億円(同67.8%増)に増額し、43%経常増益から増益幅が拡大する見通し。トヨタ向け自動車部品の販売が想定を上回ることが要因。また最終損益は40億円の黒字から7億円の赤字(前期は18億1100万円の黒字)に見直した。過去に製造した製品の市場処理費用85億円と関係会社株式評価損13億円を特別損失に計上するため。また、3月期末配当は前回予想の8円実施の年16円から6円実施に引き下げて年14円(前期は年14円)とする。連結経常利益の増額で収益は改善傾向にあるとの見方から、買いが先行している。

愛三工の株価は10時11分現在836円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)