林兼産が大幅高で3日続伸、水産・農業関連として低位株人気が波及

林兼産業<2286.T>が大幅高で3日続伸。株価は前日比21円高の110円まで急伸し、昨年来高値を連日で更新。政府・与党はTPP交渉参加に向けた調整を本格化しており、農業支援策の取りまとめを急いでいる。同社は水産・畜産用飼料や食品事業が主力で、農業関連の一角として注目する向きがあり、株価が100円前後の低位と手掛けやすいことから、目先の値上がりを狙った短期資金が流入している。

林兼産の株価は10時28分現在107円(△18円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)