ジャパン・ティッシュが上場来高値更新、マド埋め拒否で異色の上昇相場へ

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.OS>の上げ足が加速、前日にひと押し入れた後、買い直され上場来高値更新となった。同社は皮膚など再生医療製品の開発製造で実績を持ち、iPS細胞関連テーマで買われるバイオベンチャーの最右翼に位置している。政府はiPS細胞の実用化研究に向こう10年間で1100億円を投じる構えであり、この国策支援への期待がバイオ関連に執拗に物色資金が向かう今の相場の底流にある。2月14日にストップ高でマドを開けて買われた後、いったん利益確定売りに押される場面もあったがマド埋め拒否で切り返す強い足をみせており、これが改めて投機マネーの物色意欲をかきたてる背景となった。

ジャパン・ティッシュの株価は13時00分現在20万6400円(△2万400円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)