MonotaROが上場来高値更新、好業績内需株として物色の矛先

 MonotaRO<3064.T>が急騰で初の4000円大台に乗せ、上場来高値街道をまい進する展開だ(株式分割による修正値)。同社は工具や工場用品のネット通販が主力としているが、顧客ニーズを適格にとらえた経営で顧客数獲得が順調に拡大傾向にあり、商品のラインアップの拡充や海外ビジネスの積極化などが成長に反映されている。また、競合が強まる中で利益率の高いPB商品の追加投入などで採算を向上させ、12年12月期の経常利益は29億4100万円と43%増益を達成。13年12月期も40億4600万円見通しと37%増益の大幅続伸が見込まれている。足もとは欧州など海外情勢にやや不透明感が台頭している中で好業績内需株に物色資金が回っており、同社はその流れに乗る銘柄として市場の注目度が高まっているようだ。

MonotaROの株価は14時06分現在3965円(△205円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)