Dガレージが三井住友カードと資本業務提携

 デジタルガレージ<4819.OS>は27日取引終了後に香港の連結子会社econtext Asiaが三井住友カードと資本業務提携することで基本合意したと発表した。三井住友カードとは国内Eコマース事業者向けクレジットカード決済で協業しており、今回の提携は新しい決済ソリューションの企画開発を進め、国内にとどまらず、アジア地域を中心に世界へ事業を拡大していくことが狙い。提携に伴い来月15日付でecontext Asia株式の10%にあたる1623万2350株を21億9900万円で三井住友カードに譲渡する。譲渡益は今13年6月期の第3四半期に特別利益として計上する予定で、業績への影響は現在精査している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)