【売り】エスフーズ<2292> 配当権利落ち後は売り圧力が優勢か=フェアトレード西村剛

配当権利確定後は売り圧力が優勢か
■注目銘柄
2292エスフーズ

■注目理由
同社は、食肉等の製造、小売、外食事業等を展開。「こてっちゃん」を販売していることで知られる企業。同社の今期予想は、売上高1400億円(前年同期比+4.3%)、当期純利益26億円(同+82%)と大幅の増収を見込んでいる。好調な業績推移の同社だが、同社は2月決算企業であり、配当の権利落ち後の3月は、売りが優勢になりやすい銘柄。過去のデータでは、3月の売りの勝率は75%となった。3月相場は下がりやすい傾向があると判断した。

同社を、2月末付近で売り、3月末に買い戻した時の成績は以下の通りです。
■検証結果
 勝率: 75.00 %
 平均損益(率): 3.63 %
 平均利益(率): 5.81 %
 平均損失(率): -2.93 %