28日の東京株式相場見通し=米株上昇受け3日ぶり反発、25日移動平均線の攻防

 28日の東京株式市場は、バーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長の議会証言を受けた米株高や、底堅いイタリア国債入札を追い風とする外国為替市場でのユーロ上昇などを受け、3日ぶりの反発となりそうだ。27日の米株式市場は、大幅続伸。NYダウ平均株価は、前日比175ドル高の1万4075ドルの大幅高となった。外国為替市場では、1ユーロ=121円台前半での推移となっている。
 27日の東京株式市場は、反発して始まったものの買い一巡後はマイナス圏に沈み、大引けに掛け下げを加速した。15日以来約2週間ぶりの水準に下落した。終値の1万1253円は、25日移動平均線(1万1192円=27日現在)に接近しており、下値支持線を巡る攻防に注目が集まりそうだ。
  日程面では、政府が13年度予算案を国会に提出、1月の鉱工業生産指数(速報)、1月の新設住宅着工戸数、1月の自動車生産が焦点。海外では、米10~12月期のGDP(改定値)、インド10~12月のGDPに注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)