石油資源は軟調、シティ証が投資判断を「中立」に引き下げ

 石油資源開発<1662.T>は軟調。一時、前日比50円安の3440円まで売られている。シティグループ証券が28日付のリポートで、投資判断を従来の「買い」から「中立」へと引き下げたことが嫌気されてる。ただ、目標株価は3900円から4000円へと引き上げている。
 リポートでは「1株あたりの金融資産は潤沢で、約1200億円分保有する国際石油開発帝石<1605.T>株に対する強気な見方は変えていない。ただし、(1)配当収入減などによる14年3月期の経常減益予想、(2)株価上昇による割安感減退、などを理由に〝中立〟とする」としている。

石油資源の株価は10時26分現在3460円(▼30円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)