新日本科学(2395)、上値は重いが、上昇力は大きい

天井をつけた雰囲気はなし
上値重い。昨日の急失速の反動もあり、買い先行でスタートしたが、その後は上値の重い展開となっている。しかし、株価は下方向でなく、上方向からスタートしたことは、上昇力の大きさを示唆している。ローソク足で天井をつけた雰囲気もなく、早々に直近高値(1042円)を突破してくるものと思われる。