よみランドが反発、新値圏で波状的な買い続く

 よみうりランド<9671.T>が反発。デフレ脱却への政策期待を背景に短期資金の波状的な買い攻勢が利いている。株価は昨年来高値圏での強調展開が続いている。日銀の次期総裁に黒田東彦アジア開発銀行総裁、副総裁に岩田規久男学習院大教授の起用する人事案がきょう提示され、安倍政権下での金融緩和思惑が一段と高まる中、船橋競馬場をはじめ保有不動産の多い同社は政策テーマ株の位置づけで人気が再燃している。06年に土地関連物色の流れの中、1247円の高値に買われた実績があり、需給相場の資質は十分。信用取組は買い長だが、上昇途上で売りを呼び込めばさらに意外高へと発展する可能性もある。

よみランドの株価は10時58分現在540円(△29円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)