日金銭が続急伸で昨年来高値、カジノ合法化前進期待で人気

 日本金銭機械<6418.OS>が続急伸、昨年来高値を更新した。大阪市が13年度予算案でカジノ施設誘致の調査費を成長戦略の一角として組み込んでいることから、ゲーミング市場(カジノ)向けでは欧米で絶大な地位を誇る同社が引き続き人気を集めている。維新の会の共同代表でもある橋下徹市長は1月に安倍首相と会談した際にも法整備を要請、維新の会自身もカジノを合法化する法案を国会に提出するとの考えを示しており、幾度となく頓挫したカジノ合法化が前進するかか注視される。同社は使われた紙幣を仕分けしながら偽札がないか調べる金銭処理装置の新製品である「iVIZION(アイビジョン)」への評価も高く注目材料は豊富だ。

日本金銭機械の株価は11時13分現在848円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)