環境管理がS高カイ気配、「PM2.5」関連の一角として注目高まる

 環境管理センター<4657.OS>がストップ高カイ気配。中国から飛来する微小粒子状物質(PM2.5)について、環境省の専門家会合が27日、大気中の濃度が1日平均で環境基準値の2倍を超えると予測される場合に、外出や屋内の換気を控えるよう呼び掛ける暫定指針をまとめたことから、再び「PM2.5」関連に注目が集まっている。同社は、待機環境調査の一環として「PM2.5」の測定を手掛けていることから、関連銘柄として人気化しているようだ。

環境管理の株価は11時22分現在457円(△80円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)