◎28日前場の主要ヘッドライン

・クスリのアオキが4日ぶり反発、2月度既存店売上高16.1%増を好感
・KIMOTO、13年3月期経常利益の上方修正と期末配当の引き上げ好感
・新日本科学が急反騰、高値警戒感もあり値動き荒い
・東亜DKKが続急伸、PM2.5の暫定的な指針値決定で関心
・ツカモトが一時170円台乗せ、もち合い上放れの動き
・三菱倉が新高値、含み資産拡大やTPP参加による物流拡大期待
・GMOクラウド、ネット選挙における「なりすまし」防止システムを開発
・大手不動産株が軒並み高、金融緩和への期待感で資金流入続く
・よみランドが反発、新値圏で波状的な買い続く
・環境管理がS高カイ気配、「PM2.5」関連の一角として注目高まる

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)