キヤノンMJが3日ぶり反発、中小企業向けITサービス拡大と報じられる

 キヤノンマーケティングジャパン<8060.T>が3日ぶりに反発。株価は一時、60円高い1317円まで買われている。きょう付の日本経済新聞で、中小企業向けITサービス事業を拡大すると報じられたことが手掛かり。記事によると、タブレット端末やスマートフォンを集中管理したり、災害時に社員の安否を確認したりできる新サービスを3月から始めるとしており、中小企業向けサービスの売上高を15年12月期に現在の約2.5倍にあたる50億円に引き上げるとしている。従来はウイルス対策などが中心だったことから、サービス拡充による効果が大きいとの見方が強いようだ。

キヤノンMJの株価は13時12分現在1293(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)