東急不が反発、ドイツ証が業績予想を増額し目標株価を引き上げ

 東急不動産<8815.T>が反発し新高値。一段の金融緩和期待の高まりから、不動産市況の上昇観測が強まっており、引き続き不動産株への関心は高いが、この日はドイツ証券が27日付で投資判断「ホールド」を継続しつつ、目標株価を540円から640円に引き上げたことも観測されている。収益ビル購入による利益の増加や、子会社である東急コミュニティによるマンション管理会社買収効果、さらに好調なマンション販売による分譲セグメントの収益増を織り込み業績予想を上方修正したことが要因としている。

東急不の株価は13時09分現在696円(△34円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)