<後場の注目銘柄>=リニカル、顧客の開発意欲強く受注良好

 リニカル<2183.T>は1月28日に昨年来高値をつけた後、短期的な調整局面入りをしていたが、再騰機運を高めている。

 第3四半期累計(4~12月)決算は、主力のCRO(臨床試験受託事業)の好調で営業利益が前年同期比52%増の大幅増益となった。

 それと同時に13年3月期の営業利益予想を8億8300万円から9億8300万円(前期比35%増)に上方修正したが、顧客の新薬開発意欲が強い中で受注状況は良好で、今年1月末時点の受注残高は38億円と、前期末の35億円を上回る水準で消化プロジェクトと同程度の新規受注が確保できている。

 また、大手製薬企業との間で包括的受託契約を締結しており、来期以降の見通しも明るい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)