ドコモが反発、スマホ向け新OS「タイゼン」に関心

 NTTドコモ<9437.T>が反発。韓国のサムスン電子や米インテルなどと共同で開発を進めている新OS「タイゼン」を搭載したスマートフォンを年内に発売する見通しであることが伝えられており、アップルの「iOS」やグーグルの「アンドロイド」に次ぐ第3のOSとして期待が高まっている。同じく新型OSとしてはKDDI<9433.T>も「Firefox OS」搭載のスマートフォンを国内で展開していくことを表明しており、スマホ向け新OSの開発競争が激化しそうな様相だ。

NTTドコモの株価は14時33分現在14万2800円(△1800円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)