ビックカメラは軟調、日証金が28日約定分から貸借取引の申し込み停止措置を解除

 ビックカメラ<3048.T>は軟調。一時、前日比750円安の4万3500円まで売られている。日証金が28日約定分から、貸借取引の申し込み停止措置を解除すると発表している。
 信用取引の規制解除で、売買の自由度が回復するとの見方はあるものの、同社株は26日に2月中間期末の配当・優待権利落ちで株価が急落した後遺症もあってか、売りが優勢となっている。

ビックカメラの株価は14時32分現在4380円(▼450円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)