互応化学が13年3月期業績の修正を発表 売上原価が想定下回り36%経常増益へ

互応化学工業<4962.OS>が28日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の73億円から71億8500万円(前期比3.3%増)に若干減額したが、経常利益は7億500万円から8億8500万円(同36.2%増)に増額し、8%経常増益から増益幅が拡大する見通し。最終利益は4億5500万円から7億6000万円(同94.9%増)に増額した。化粧品関連インクやDM用圧着ニスなどの堅調で、売上構成の変化により売上原価が当初見込みを下回ることが経常利益増額の要因。また、投資有価証券の売却益を計上することで最終利益が膨らむ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)