東邦チタニウムが13年3月期最終損益の下方修正と3月期末配当予定を発表 太陽光発電用ポリシリコン事業からの撤退で28億円の特損計上

東邦チタニウム<5727.T>が28日引け後に13年3月期連結最終損益の下方修正と3月期末配当予定を発表。売上高は397億円(前期比10.3%増)、経常損益は5億円の黒字(前期は10億1600万円の赤字)を据え置いたが、最終損益は前回予想の7億円の黒字から24億円の赤字(前期は6億2100万円の赤字)に見直した。太陽光発電用ポリシリコン事業からの撤退に伴い28億円の特別損失を計上することによる。また、未定だった3月期末配当予定は年3円(前期は年5円)を実施するとした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)