三井不が連日高値、台湾北部最大級の本格的アウトレットモール計画の開発決定が話題に

 三井不動産<8801.T>続伸、連日の昨年来高値更新。日銀の追加金融緩和期待から大手不動産株物色に乗りこの日も強い動きとなっている。また2月27日には台湾北部の新北市における入札案件「林口中商36公共用地企業誘致計画」にて、事業者として正式に決定したことも発表している。アウトレット施設としては約200店舗規模のラグジュアリーからインターナショナル、スポーツカジュアルまで、幅広いファッションブランドを誘致、シネマコンプレックスやスーパーマーケット、多様な飲食店舗なども整備する予定で、台湾北部最大級の本格的アウトレットモールとして話題となっている。

三井不動産の株価は9時35分現在2503円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)