ジェイテックがS高カイ気配、1対200の株式分割を好感

 ジェイテック<2479.OS>がストップ高水準でカイ気配となっている。2月28日の取引終了後、3月31日時点の株主に対する1対200株の株式分割(効力発生日4月1日)と、4月1日付で100株を1単元とする単元株制度の採用を発表したことを好感。これにより投資単位あたりの金額は実質的に2分の1となる。同社は11年4月にも1対2株の株式分割を実施しているが、これにより個人株主の流動性が向上したと判断。今回も株式分割と単元株制度の採用により投資単位あたりの金額を引き下げることで、個人投資家により一層投資しやすい環境を整えたいとしており、投資家重視の方針が評価されているようだ。

ジェイテックの株価は9時33分現在3万1850円(△5040円)カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)