GNIが急反騰、F647とF351の用途特許に放射線性肺損傷予防用途を追加許可で

 ジーエヌアイグループ<2160.OS>が急反騰し一気に昨年来高値を更新。2月28日の取引終了後に、100%子会社の上海ジェノミクス社が日本において、特発性肺線維症の薬であるF647(一般名:ピルフェニドン)と肝線維症・肝硬変の薬であるF351に対して、新たに放射線性肺損傷の予防用途として特許査定を受領したと発表したことを好感。また併せて、米国において慢性閉塞性肺疾患(COPD)急性増悪治療薬として前臨床試験を進めるF200に対しても物質特許を取得したと発表しており、研究開発の進展が評価されているようだ。

GNIの株価は9時30分現在384円(△67円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)