アドクリが昨年来高値、販売拠点再編で今後の収益改善を期待

 アドバンスクリエイト<8798.OS>が続伸、4日ぶりに昨年来高値を更新した。2月28日取引終了後に全国で22の対面販売拠点をのうち、商業施設系販売拠点を都市圏のランドマーク的オフィスビル内の拠点に統合すると発表したことが買い手掛かりになった。販売拠点再編に伴う固定資産除却損、解約違約金など店舗閉鎖損失1憶5800万円を特別損失として計上することから、10~3月期の連結純利益を前回予想の3億1000万円から2億1100万円に引き下げたが、販売拠点再編による業務効率化が今後の収益改善につながるとポジティブにとらえられている。

アドクリの株価は9時39分現在大引け1026円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)