東急不が続伸、大阪市の日生球場跡地を複合商業施設開発

 東急不動産<8815.T>が続伸、株価は一時、前日比33円高の733円まで買い進まれ、前日に続き昨年来高値を更新。日銀による金融緩和期待を背景に不動産株が根強い人気を集めるなか、2月28日に日本生命保険と大阪市中央区の日本生命球場跡地の活用について事業用定期借地権を設定することで合意、商業施設を開発すると発表したことが買い気を盛り上げた。関連会社の東急スポーツオアシスをテナントに誘致、フィットネスクラブを核にした複合商業施設を開発する方針で、15年開業を予定している。

東急不の株価は11時12分現在730円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)