JXHDが反落、太陽光発電ポリシリコン事業から撤退

 JXホールディングス<5020.T>が反落。28日に傘下のJX日鉱日石金属と東邦チタニウム<5727.T>、チッソの事業子会社JNCの3社共同で進めてきた太陽光発電用ポリシリコン事業から撤退することで合意したと発表した。08年6月から共同で事業をスタートしたが、太陽電池市場は欧州債務危機の深刻化などにより需要が伸び悩んでいるうえ、中国メーカーなどとの競争も激化、太陽電池主要材料のポリシリコンも世界的な供給過剰が続き、収益確保のメドが立たないと判断した。ただ、不採算事業からの撤退で収益が改善するとの見方もあり、下値は限られている。

JXHDの株価は12時53分現在558円(▼8円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)