三菱電が急反発、業績底入れ観測強まる

 三菱電機<6503.T>が急反発。海外売り上げ比率が33%と電機セクターのなかで低く、業績の上ブレ余地が小さいとの見方から買いが手控えられてきたが、自動車機器や鉄道関連受注が持ち直してきたことで、ここにきて今3月期で業績がボトムアウトするとの観測が強まっている。直近でクレディ・スイス証券が目標株価を560円から810円へ引き上げ、来期の業績V字型回復を示唆。

三菱電の株価は13時37分現在772円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)