イムラ封筒が13年1月期経常利益の上方修正を発表 メーリングサービスの収益改善で最終黒字転換へ

イムラ封筒<3955.T>が1日引け後に13年1月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前期予想の213億円から212億7300万円(前の期比横ばい)に若干減額したが、経常利益は1億1000万円から1億8900万円(同2.4倍)に増額し、最終損益は4000万円の赤字から4000万円の黒字(前の期は3600万円の赤字)に見直した。第4四半期に官公庁関連需要があったものの通期の売上高は前回予想を若干下回る見込み。メーリングサービス事業の収益改善に加え、子会社の業績回復が損益面での上振れ要因だ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)