住友鉱と住商出資のチリ・シエラゴルダ銅鉱山の開発投資額が増加

 住友金属鉱山<5713.T>と住友商事<8053.T>は1日取引終了後、出資するシエラゴルダ鉱山が進めているチリのシエラゴルダ銅鉱山開発プロジェクトの開発投資額が当初予定の約29億ドルから約39億ドルに増加する見込みになったと発表した。現地では銅鉱山の開発や拡張工事が同時並行で進み、建設コストが軒並み上昇、2011年に着工してから労務費や資材価格が高騰し、為替相場も変動しており、工事計画を見直した結果、開発投資額が増加したとしている。シエラゴルダ鉱山へは住友金属鉱山が31.5%、住友商事13.5%、カナダの鉱山会社KGHMインターナショナルが55%出資しており、2014年中に商業生産開始を予定している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)