ヤマトHDの事業会社ヤマト運輸がトヨタ、日野と協力してEVトラックの実証運行

 ヤマトホールディングス<9064.T>の事業会社ヤマト運輸は1日、トヨタ自動車<7203.T>、日野自動車<7205.T>と協力して電動(EV)小型トラックを実際に集配業務に使う実証運行を開始すると発表した。EVトラックは日野が開発した1トン積み超低床車種で、荷台は3社共同で仕様を企画した冷凍冷蔵バンを架装、ヤマト運輸が得意とする冷凍・冷蔵の低温度帯配送「クール宅急便」に使えるようにした。車両の走行と冷凍冷蔵庫をすべてバッテリーで稼動させるため、走行時の排出ガスはゼロ、低騒音で住宅街での夜間や朝の集配業務にも適している。実証運行は約1年間を予定しており、3社はこの間にEVトラックの集配業務への適応性や実用性を検証、実用化に向け改良を重ねていく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)