イオン(8267)、堅調な値動きも、軸は下向きか?

上方の窓に向けて上昇も、最終的には下方の窓へ
しっかり。堅調な値動きとなっている。「窓理論」では2/27の下落によって下方の窓(1033円-1034円)を埋めたあとは、達成感から下げ渋る動き。目先は上方の大きな窓(1050円-1076円)に向けて上昇するようにみえる。しかし、すでに軸が下向きに傾いている可能性が高く、最終的には下方の窓(1006円-1012円)を埋める動きとなりそう。