カワチ薬品が3日続伸、2月度月次は苦戦も花粉症需要見込む

 カワチ薬品<2664.T>が3日続伸。2000円大台替えを目前にとらえ、昨年4月につけた昨年来高値2008円払拭も視界に入っている。同社が1日発表した13年2月度の売上高・対前年同月比の進捗状況で、既存店では月次で4.8%減。また全店では1.6%減とやや苦戦したものの、累計では既存店が0.8%増、全店で4.2%増と堅調をキープしていることから、これを評価する買いが優勢。2月度はインフルエンザの流行で調剤や予防関連商品などが堅調に推移したが、これから花粉症の季節が本格化することで、これによる関連薬品やマスクなどの需要増加が期待される。また、PBRが0.5倍台で会社解散価値の半値と格安水準にあることも物色資金を勢いづかせている。

カワチ薬品の株価は9時56分現在1968円(△26円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)