住友大阪は堅調、SMBC日興証が投資判断を「1」に引き上げ

 住友大阪セメント<5232.T>は堅調。一時、前週末比8円高の286円まで買い進まれている。SMBC日興証券が4日付のリポートで、投資判断を従来の「2(中立)」から「1(アウトパフォーム)」へ、目標株価を300円から370円へとそれぞれ引き上げたことが好感されている。リポートでは「14年3月期営業利益は、円安によるコストアップがあるが、(1)セメント内需の増加、(2)国内セメントの値上げ効果、などにより吸収し前期比35.7%増益が期待できるとみる」としている。

住友大阪の株価は10時39分現在283円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)