三菱地所が大幅高、REIT上昇など株価に反映

 三菱地所<8802.T>が大幅高で連日の高値更新。アベノミクスによる資産価格上昇への期待から東証1部では不動産株人気が連日続いており、きょうも不動産株は業種別値上がりのトップに買われている。東京丸の内の大家的な存在である同社は、その象徴株の一社として内外機関投資家の物色の矛先が向いている。不動産投資信託(REIT)への資金流入も顕著で、東証REIT指数が高値更新歩調を続けていることは短期資金主導ではなく実需買いの流れを反映している。土地価格の上昇および都心のオフィスビル賃貸料の上昇期待などが、相乗的に不動産セクター株価の上昇を後押しする形となっている。

三菱地所の株価は11時30分現在2575円(△125円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)