大塚HDが連日の年初来高値、みずほが目標株価引き上げ

 大塚ホールディングス<4578.T>が連日で昨年来高値を更新した。抗精神病薬「エビリファイ メンテナ」が統合失調症の効能・効果で米国食品医薬品局(FDA)から新薬承認を取得したことをきっかけに人気化しており、きょう付でみずほ証券が投資判断「中立」を据え置き、目標株価を2850円から3050円に引き上げたことが支援材料になった。みずほでは米欧の販売体制強化でコスト増加するものの、利尿剤サムスカの常染色体優性多発性嚢胞腎の効能追加の影響を見込み、目標株価を引き上げており、当面の注目点に米国で承認されたアリピプラゾール持続性注射剤の出足とサムスカの効能追加をポイントにあげている

大塚HDの株価は13時05分現在3035円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)