東芝が14日ぶりに高値更新、みずほ証券が目標株価引き上げ

 東芝<6502.T>が前週末比12円高の437円ま上げ幅を広げ、14日ぶりに昨年来高値を更新した。NAND型フラッシュメモリが堅調に推移、米半導体SOX指数が続伸するなど市況も好転していることから、業績予想は上振れが観測され、証券各社から投資判断や目標株価の引き上げが相次いでいる。きょう付でみずほ証券がNANDフラッシュメモリの価格安定や製品ミックス改善、円安効果などを理由に来3月期営業利益は過去最高益更新が期待できるとして、投資判断「買い」を据え置き、目標株価を370円から500円に引き上げた。リポートでは「年初来株価は対TOPIXで10%以上アウトパフォームしているが、バリュエーションから依然として評価余地が残る」としている。

東芝の株価は13時40分現在431円(△6円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)