<話題の焦点>=高配当利回り銘柄に照準、〝株主思い〟だから株価も上がる

 東京市場ではアベノミクス効果というよりは「アベマジック」とでも称賛したほうがいいような腰の強い上昇相場が繰り広げられている。海外情勢や為替市場に振り回されて波乱含みとなる局面はあっても、押し目には待ってましたとばかりに買いが押し寄せてくる。全般下値切り上げトレンドに変化はみられない。

 もっとも、主力の景気敏感株の戻りにはやや一巡感が出ているのも事実。底上げ初期のような、何をいつ買っても儲かる、というような相場からは少しトーンが下がっている。

 そこで注目したいのがインカムゲイン(企業の配当金)にスポットを当てた投資手法だ。くしくも3月期末が近づいている。投資家として企業の配当金は少なからぬインセンティブとなる。キャピタルゲイン(株価の値上がり益)に比べれば株価の数パーセント程度の配当金なんてと思うかもしれないが、本来、株式投資は株主として企業の利益のおすそ分けにあずかる、つまり配当を期待して買うというのが原点なのである。

 業績が好調で株主還元に厚い企業は、黙っていても買いが集まってくる。それが株価の上昇にもつながる好循環をもたらす。期末を前に今の時期は特にその傾向が強くなりやすい。

 そこで今回は、インカム・キャピタル両面狙いで、3月決算企業の中から今期純利益予想が2ケタ以上の伸びを示し、配当利回りが3.5%以上の〝株主思い〟の銘柄を抜粋した。

◆好業績・高配当利回り9銘柄

銘柄名(コード)    配当利回り  今期純利益伸び率

武田<4502.T>        3.82  24.8
第一三共<4568.T>      3.73 381.6
もしもしホット<4708.T>   4.29  53.3
HOYA<7741.T>      3.68  27.3
シナネン<8132.T>      3.73  27.5
アイ・ティー・シー<9422.T> 3.62  41
NTT<9432.T>       3.8   13.3
メイテック<9744.T>     4.1  105.2
住金物<9938.OS>       3.93  29.2

※配当利回りは2月27日終値時点、単位:%

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)