セブン&アイHDが3日続伸、積極的な出店政策で業績拡大に期待

 セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>が3日続伸。グループのセブンイレブンが四国に集中出店するなど、積極的な拡大戦略による連結業績への貢献が期待されており、1日付でJPモルガン証券がレーティング「オーバーウエート」を据え置き、目標株価を2800円から3300円に引き上げた。2日付の日本経済新聞が「ディスカウント店の出店を再開、3年で首都圏に計10店を出店し倍の20店に増やす」と報じたことも支援材料になっている。来年4月の消費増税をにらみ節約志向の消費者を取り込むと伝えており、きょう取引時間中に7日にディスカウントスア「ザ・プライス湘南台店」をオープンすると発表した。

セブン&アイHDの株価は14時03分現在2797円(△36円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)