飯野海がマド開け新高値へ、海運株軟調もわが道を行く急騰パフォーマンス

 飯野海運<9119.T>が騰勢を一段と強め、きょうはマドを開けて新高値に買われている。株価600円台突破は2010年4月以来の2年11カ月ぶり。きょうは海運株が業種別では値下がりの上位にある軟調展開となる中で同銘柄はひとり異色の急騰劇を演じている。背景は東京の内幸町の大型商業ビルなど保有土地の含みが大きく注目されていること。大型商業ビルのテナント収入も増勢で、13年3月期は最終黒字転換、さらに14年3月期も不動産部門の好調が想定されている

飯野海の株価は14時21分現在618円(△50円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)