ピジョンが3日続伸、中国の一人っ子政策見直しの思惑から買われる

 ピジョン<7956.T>が3日続伸し連日の昨年来高値更新。5日からの中国・全国人民代表大会(全人代)で一人っ子政策の見直しなどが議論されるとの思惑から買われているようだ。同社は上期(2~7月)だけでも中国売上高が61億円(現地通貨ベースで前年同期比53%増)あり、成長の牽引役となっている。仮に一人っ子政策が見直されれば、同社へのインパクトが大きいとの見方が強い。

ピジョンの株価は14時29分現在5470円(△100円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)