円安一服で輸出関連も一服、指数の上値思いが内需株の物色へ

出来高が細ってきているのには要注意
 先週の予測では、日米首脳会談でTPP交渉への参加表明や日銀の総裁人事で買われてくる可能性が高い一方で、イタリア総選挙の結果を受けて利益確定売りの可能性もあるとしました。
 週明けの25日(月)は、TPP交渉参加表明、日銀の次期総裁に金融緩和積極派の黒田氏の起用の提示からの円安進行、欧米株高を受けて△276の11662円と約4年5ヶ月ぶりの高値をつけましたが、翌26日(火)は、イタリア総選挙の結果を受けて欧州信用不安が高まり、▼263の11398円と反落しました。27日(水)は▼144の11253円まで下落。しかし、28日(木)は欧米株高を受け、円安は一服しているものの内需株が買われて△305の11559円と急反発、週末の3月1日(金)は先物主導で△47の11606円で引けました。高値を更新しているものの、これまでのように円が一方的に上昇しにくい状況では内需株が買われても日経平均の指数はそんなに大きく伸びにくく、高値圏でのもみあいの可能性が高いと思われます。日経平均は先高期待が高いものの、買いがでは財政懸念からリスク回避の円買いの方向も考えられます。11300~11700円のレンジ内を想定。
 4日(月)は、前場は黒田次期日銀総裁の所信表明への期待から円安が進み、一時11767円まで上昇するものの、表明後は円安一服となり、上海市場の急落もあって上げ幅を縮小し△45の11652円で引けました。